2018年10月17日

請願提出しました!

9月7日、柏市議会に請願を提出しました!


請願の内容は、

柏市甲状腺超音波検査に関すること

学校施設における放射線量の緊急点検に関すること

についてです。


201809請願2.jpeg 201809請願1.jpeg


以下、要望主旨です。


1、甲状腺超音波検査の実施について、情報の周知をはかるために対象者にハガキで通知してください。

2、 甲状腺超音波検査のおしらせは、小中学生の対象者にわかるよう、すくすくメールでも通知してください。

3、 甲状腺超音波検査の受診者に送られてくる結果の書類にある、A1,A2判定の今後の対応にも

  「今回は再検査の必要はありませんが、今後も定期的に検診を受けましょう」として、

  次年度以降も同助成事業を活用するよう勧めてください。

4、学校施設における、放射線の緊急点検で見つかった高線量箇所について、除染が困難な箇所に

  「放射線量が高いため近づかないように」などの表示をしてください。

5、学校施設における、放射線の緊急点検の結果を、各学校の判断に基づき、学校だよりなどで

  保護者と児童生徒に知らせてください。


要望主旨1、2の目的は「柏市の甲状腺超音波検査の周知」です。

私たちの会では、毎年春に開催している柏市民活動フェスタに参加し、柏市の甲状腺超音波検査の認知度を

調査していました。

その結果、検査の実施を知っていたのは3割のみでした。

この検診は、初期被ばくを受けた柏の子どもたちにとって、大切な検査です。

対象者へのハガキ通知、少なくとも学校が配信するすくすくメールで内容です。情報の提供をしてほしいということです。


要望主旨3は「甲状腺超音波検波検査の継続受診のすすめ」です。

甲状腺超音波検査は1度受けて安心!というものではありません。

福島県の子どもたちを対象に行われている、福島県民健康調査では、1回目の検査で異常のなかったお子さんから

2回目の検査ではがんが見つかっていると報告があります。

病気の早期発見・早期治療のため、毎年継続的に検診を受け、状態を見守っていくことが大切です。

結果通知書にも来年度以降の受診の必要性を加えてほしいです。


要望主旨4,5は「学校施設の放射線緊急点検の結果の周知と除染困難な箇所の表示」です。

昨年5月までに学校を含む柏市内の公共施設が放射線量の緊急点検を行ったのをご存知ですか?

その結果、学校で高線量の箇所が見つかった学校がありました。

このことについて知る保護者は少ないと思います。

しかし、わが子の通う学校。

知らされていないのは、おかしいと思います。

緊急点検の結果のお知らせとその際、除染ができなかったところには、あわせて表示をしてほしいということです。


↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 


この結果、、、、

要望主旨1,2,4,5が採決されました!!!


会として、この結果を注視していきます!!!


posted by 管理者 at 14:58| Comment(0) | 柏市との交渉 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください