2014年10月09日

放射線量の測定会やります

先月、柏の葉公園にて国に基準を超える空間線量が検出され、公園内の4箇所が
立入り禁止になったというニュースが入ってきました。
(詳しくはコチラ→http://www.pref.chiba.lg.jp/kouen/press/2014/2660926-sokuteikekka.html) 
   ※柏の葉公園の立入り禁止箇所は10月1日、2日に除染がされました。


柏市の発表では、市内の空間線量は高さ1mで0.23マイクロシーベルト以下になっているとされていました。
しかし、今回の柏の葉公園のように、市内にはまだマイクロスポットの箇所があります。
今後も定期的に放射線量を計測していくことが私たちの生活の安全のためには必要です。

環境とエネルギー・柏の会では以前、ちば市民放射線測定室 しらベルさんのご協力の元、
大堀川近辺の放射線量を測定しました。
そして、今回は大津ヶ丘中央公園の測定をしようと思います。
お近くの方など、ご一緒できる方は、どうぞご参加ください。

放射線量測定会@大津ヶ丘中央公園
10月15日(水)10時~
大津ヶ丘中央公園(柏市大津ヶ丘2丁目1)プール前駐車場


posted by 管理者 at 07:05| Comment(0) | イベント情報 | 更新情報をチェックする

知る見るcafe開催しました!(レポートと次回しゃべり場のお知らせ)

9月26日、柏中央公民館にて、
知る見るcafe+カマレポカフェ開催しました!

今回のテーマは「保養」です。

IMG_5319.jpg

はじめにカノンだよりの上映会です。

IMG_7816.jpg

今回は、カノンだよりVol.3のうちのno.10,11の上映をしました。
内容は、新潟県で行われている保養プロジェクトのレポートと日本に保養に来たことのあるベラルーシの子ども達の座談会です。
新潟の保養では、福島県から子どもを連れて保養に参加したお母さんの生の声に共感しました。
みんな、わが子の健康を願う気持ちは同じです。
また、保養を主催している人の話から、福島県で行われている健康調査が検査を受ける子どもやその親の求めている内容とは違うことを
改めて知りました。

チェルノブイリ原発事故の被災地・ベラルーシの子ども達の話では、今も子ども達が身体の不調を訴えていること、
そしてそれは、保養に出ると解消されること、そして、今の日本へのメッセージを語っていました。
彼女達は、日本でも保養をするべきだと話していました。
それは、彼女達が自分の身で実感した説得力のあるメッセージで、改めて、保養の大切さを感じました。

IMG_8191.jpg
↑ 放射能からこどもを守ろう関東ネットから出ている保養のリーフレットです

上映会の後は、会のメンバーによる保養の報告です。

毎年保養に出ていますが、今回は今年の夏に「長崎県 東彼杵町」に行ったときのことを紹介しました。

このときは、子ども3人(年少・小1・小3)を連れて24日間滞在しました。
受入れは、長崎県東彼杵町が主催している「東そのぎ田舎暮らしプロジェクト」でした。
滞在先は、町の施設で、大広間に延べ9家族で共同生活をしました。
今回はじめての共同生活だったので心配しましたが、子ども同士は仲良く、お母さん達もいろいろと情報交換したりできたのでよかったです。

IMG_3983.jpg

期間中は、川遊びや夜の虫取り、地元農家さんのご好意で農作業体験をしたり、お祭りに参加したりとたくさんイベントがあり、
子どもだけでなく、大人も楽しめました!
町が用意してくださったレンタカーに乗ってお茶畑をドライブしたり、海沿いを電車の走る駅まで歩いていって、海に沈む夕日を眺めたり、、、
大自然を身体いっぱいで感じることができました!

IMG_6732.jpg

また、自治体の職員さんとプロジェクト参加者で今回の原発災害について意見交換をしたり、
移住をした人たちとの交流もあり、
私たち被災者の現状を伝えたり、今後のことを考えるいい機会となりました。
なにより、主催自治体の係りの人やプロジェクトに関わってった人たちのあたたかい心遣いに感謝した保養でした。

報告の後は、会のメンバーがつくったケーキとクッキーでおしゃべり会!
気になる保養に必要な費用の話や、保養によっては受け入れ団体が交通費を補助してくれるとことがあること、
受入れ団体によっては食事などきっちりプログラムされているところもある、
家族をどうやって説得したのか・・・などなど。
いろいろな話をシェアしました。
また、保養経験者からは、受入れ団体へ感謝の気持ちを忘れてはいけないという話もありました。
大切なことですね。

会が終わってから、参加者の方から
「保養に行ってみたいと思いました!」「家族と話してみたいとおもいます」などと感想をいただくことができました。
これからのきっかけになれば幸いです。

************************

保養に行きたいけど迷っている方へ・・・

チェルノブイリ原発事故の被災地では、保養は法律で定められた権利です。
汚染地域の子ども達は、国の責任で毎年保養に出かけています。
はじめてだと不安もあるでしょうけど、少し長い旅行だと思ってお子さんと出かけてみませんか?
きっと、日頃の不安も解消され、心も体もリフレッシュできると思いますよ(^^)


************************

次回のしゃべり場は 10月19日(日)です!

お子さん連れでも大丈夫ですので、いらしてください♪
お待ちしています(^-^)

10月のしゃべり場♪
10月19日(日)13:00~15:00
場所 旭町近隣センター和室1・2
参加費 無料
参加をご希望の方は、ご連絡ください(^0^)
kankyo_kashiwa★yahoo.co.jp
        
      ↑ ★を@に変えてください。

posted by 管理者 at 02:16| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする